【海外旅行】2010年9月フランスからスイスリゾート15日間(3/11)

【第3日】9月10日(金) ヴィルフェリィ→フラヴィニー→ペスム→ベルフォール泊 €1=¥110。

 「ヴィルフェリィ」の民宿「ル・ベルジェ・ス・レ・ヴィーニュ 」の朝です。晴れ。食事前少し散歩しました。朝日を受けて人影が長く見えます。
910散歩.jpg

 朝食は別館2階のステキな食堂でした。
910朝食堂.jpg

910朝食.jpg

 9:20チェックアウト。朝食付き3人で€115(¥12,650)。安い。少し北に17キロ戻り、これも「美しい村」の「フラヴィニー・シュル・オズラン(Flavigny-sur-Ozerain)」(ブルゴーニュ地方・コートドール県)へ……街の入口に「美しい村」の標識が建っています。
前半地図.jpg

910フラヴィニー入口.jpg

 この町は、2001年公開のアメリカ映画「「ショコラ」のロケが行われた村。注)先程アマゾンのプライムビデオでレンタル¥99で見ました。2時間1分。
--------------------------------
 古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきてチョコレート・ショップを開店する。厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、母ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。やがて村の雰囲気も明るく開放的なものになっていくのだが……。“甘い”のひとことで片付けるにはあまりに奥深いテーマ--人間にとって宗教とは、癒しとは何か--が語られる。
--------------------------------
◎教会:
910フィラヴィニー教会.jpg

◎教会内部:
910フラヴィニー教会内部.jpg

◎チョコレート屋になった家:(画像はグーグルマップより)
910チョコレート屋.jpg

 残念ながら現在は、この村にはチョコレート屋はなく、世界的に有名という「アニス菓子」(アニスという香辛料の粒を芯にして砂糖を絡めたモノ)のお店に行く。お土産にいくつか買う。
910アニスの店.jpg

910アニス菓子.jpg

◎木組みの家:
910フィラヴィニー教木組み.jpg

◎路地:
910フラヴィニー町.jpg

910フラヴィニー路地2.jpg

 11:30フィラヴィニーを離れ、大きな町「ディジョン(DIJON)」をかすめて東へ145km。途中ガソリンスタンドで三角サンドイッチを買って、外のベンチで昼食。14:30「 ペスム(Pesmes)」(フランシュコンテ地方・オートソーヌ県)に到着。ここも 「美しい村」。
◎サン・ティレール教会(Église Saint-Hilaire )
 1153年創建、そのご増改築されていますが、ロマネスク様式の門のタンパンには、教会の創設者であるフランソワ グリニエとその妻イザボー ルネヴィエが宮廷衣装を着て崇拝した慈悲の神を表すフレスコ画が描かれています。
910サンティレールタンパン.jpg

 18世紀の「コントワ鐘楼」(上部で交わる 2 つの S の形をしており、皇帝の冠の形を思い出させる皇帝のドームを頂部にした鐘楼/フランシュコンテ地方の特徴)が美しい。
サンティレール鐘塔.jpg

 また側を流れる「ソーヌ川」の支流「オニヨン川(l'Ognon)」越しに見る町のたたずまいもイイ。
910ペスム1.jpg

 川縁で「釣り人」を見掛けました。
910釣り人.jpg

 15:15ペスムを離れ、135キロ 。 17:30 「ベルフォール(Belfort)」(フランシュコンテ地方・テリトワール・ド・ベルフォール県)のホテル「キリアド ベルフォール(Kyriad Belfort)」に到着。ここも3人部屋。部屋は屋根裏で、Yのベッドの上の天井が斜めになっていてちょっと窮屈でしたが、スッキリとして清潔感がある。
910ベルフォール部屋.jpg

 夕食は部屋で自炊。この日終わり。


この記事へのコメント