【海外旅行】1981~2年ポワトーロマネスク紀行(18/19)

【第8日】1982年1月1日(金)のつづき 日の出  : 08:44:30 日の入り : 17:04:25

ラ・クレッシュ→メルMelle(St-Hilaire/St-Pierre)→ポアティエPoitiers(St-Hilaire-le-Grand/Notre-Dame-la-Grande)→サン=ジュアン=ド=マルヌSaint-Jouin-de-Marnes→パリ(Concord Lafayette)

 「ポワティエ(Poitiers)」には2つあります。12:00、先ず「サン・ティレール・ル・グラン教会(Eglise Saint-Hilaire le Grand )」へ。
0101.jpg

 注)この周辺には「サン・ティレール」の名の教会が多いですが、「ラテン名、ヒラリュウス(Hilarius)」(315年頃 - 368年頃)は、帝政ローマ末期のポワティエの司教でした。「三位一体について」アリウス派を論駁したことで有名。聖人。注の注)フランス綴りは「Saint-Hilaire」ですが、フランス語は原則 Hは無音、リエゾンするので「サン・ティエール」となるのです。

 西ファサードを含め西半分は19世紀に復元改修されています。4つの小祭室の有る内陣、周歩廊、2つの小祭室を持つ翼廊、本来3廊式身廊ですが、間に多くの柱が立ち7廊構成になった壮大な身廊空間も素晴らしいです。巡礼教会としての様式をそなえており、「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」(トゥールの道)に位置する教会堂として、ユネスコ世界遺産に登録されています。
ポワチエサンティ平面図.jpg

 西ファサードは、3層切妻屋根の一応「サントンジュ様式」になっていますが、ほとんど彫刻無しのプレーンな仕上がりです。19世紀。「ネオ・ロマネスク」というようです。(写真はグーグルマップから)
ポワティエサンティレ西.jpg

 林立する身廊の円柱。
ポワサン身廊.jpg

 柱頭「サン・ティレールの臨終と魂の昇天」。ベッドシーンと、天で天使に迎えられるサン・ティレール。
ポワティエサン柱頭.jpg

 フレスコ画。「マントを切り裂いて乞食に与える聖マルタン」。
ポワテエサンテフレスコ.jpg

 今ひとつの「ノートルダム・ラ・グランド教会(Église Notre-Dame-la-Grande)」。ここへ入る前に、教会前の「スナック・ノートルダム」というところで昼食、カニサラダとカフェオーレ。チップ込み FF89(¥3,500)、@¥875 。

 教会の前の「シャルル・ド・ゴール広場」は花市場になっていました。沢山の露店に色とりどりの花が一杯。フランスでは元日に「花市場」が立つのですね。先ほどもメルの墓場で花束を持った人を見掛けましたが、お正月の部屋を飾るのでしょうか.花束を持って「年始回り」をするのでしょうか?
花市場.jpg

 「ノートルダム・ラ・グランド教会」。12世紀に建築された聖堂は、これも「サンチャゴへの巡礼路教会」です。世界遺産。祭室の一部が15世紀で、身廊の一部が16世紀の再建ですが、聖堂全体にロマネスクの雰囲気と魅力に満ちています。
ポワノートル.jpg

 ファサードが汚れで黒くなり見えにくいのですが……その後洗ってキレイになったのを、サイト「欧羅巴の旅」 http://izmreise.la.coocan.jp/index.htm から許可を得て転載させて頂きました。(「ほあぐら」さんの写真と並べました)

 左から順に、アダムとイヴ、バビロニアの王ネブカドネザル、四預言者(ダニエル、エレミア、イザヤ、モーセ)、受胎告知。
ポワティエ左.jpg

ポワノートル左.jpg

 中央扉口。左側、エッサイの木。右側、マリアのエリザベト訪問。
ポワティエ中央.jpg

ポワノー中央.jpg

 右側のブラインド・アーチの上。左からマリアのエリザベト訪問(上記済み)マリアが指さす先にイエス誕生・のぞき込む羊。イエスの産湯。瞑想するヨセフ。
ポワティエ右.jpg

ポワノー右.jpg

 洗われると、それぞれがハッキリ見えて、それはそれでイイのですが……汚れで黒くなっているのも、それなりに趣があったのです。文化財の保存は難しいコトです。

 内部は、これはまた極彩色……。これも当時の写真は「色あせて」いますので、上記のサイトから数枚お借りして掲載します。

 身廊。
ポワノー身廊.jpg

 側廊。
ポワノー側廊.jpg

 内陣。
ポワノー内陣.jpg

 内陣の天井。
ポワノー内陣天井.jpg


 14:45 「ポアティエ」を離れ、北西に45キロ……いよいよ、最後の一つ「サン=ジュアン=ド=マルヌ(Saint-Jouin-de-Marnes)」をめざします。

 この日つづく……

この記事へのコメント