【海外旅行】1993年5~6月ベネルクス・イギリス21日間の旅(16/17)

【第18日】1993年6月7日(月) 日出:4:51 日没:21:15。 レート:¥170/£(イギリス・ポンド)。

 今日は、遺跡を2つほどみて、ロンドンまで帰る日です。8:20朝食。9:00チェックアウト。精算書です。
オールドブルイン精算.jpg

 宿泊料朝食込み1人1泊@£34(¥5,780)、2人3泊£204(¥34,680)。夕食2回ドリンク代、5日夜のルームサービスが6日「LOUNGE FOOD 3.00」がそれか?合計:£318.62(¥54,165)。やはりホテルでフルコース夕食を食べると、1回ワイン込みで¥10,000かかる。慢性胆嚢炎の体も持たないし、もったいない、長旅は部屋で自炊和食の方がベター。

 9:05出発。ガソリン£10。10:40 「ホイットフォード(Whitford)村」近くの「メン・アチファン・クロス(Maen Achwyfan Cross)」。
ウエールズ地2.jpg

 これは、10 世紀後半または 11 世紀初頭にさかのぼるハイクロスです。3.4 メートル (11 フィート) の高さで、英国で最も高い車輪の十字架です。光線の具合であまり明瞭ではありませんが。原っぱに鉄柵に保護されて建っていました。
ハイクロス.jpg

 説明板です。
ハイクロス説明板.jpg

 内容「この十字架は、人や出来事を記念するために、また場所をマークするために西暦1000年頃に設置されました。これはイングランド側の「オッファの堤防」から1マイル離れた所にあります。北イングランドに見られる十字架に似ています。その装飾は「バイキングアート」からコピーされたパターンが含まれています。」

  拡大図は「the Castles of Wales web site」(http://www.castlewales.com/home.html)からお借りしました。
はいくろす1.jpg

はいくろす2.jpg

ハイクロス3.jpg

最後の写真の中央は「槍を持った戦士」のようです。

つぎは「十字架の谷の修道院/ヴァッレ・クルシス修道院(Valle Crucis Abbey)」。ウェールズのデンビグシャーのランテ​​ィシリオにあるシトー会修道院です。より正式には、聖母マリアの修道院教会。入場料@£1.5(¥255) 。

 修道院は 1201 年に建てられました。Valle Crucis は 1537 年の修道院解散の際に解散されました。、その後深刻な荒廃に陥り。建物は現在廃墟となっていますが、元の構造の大部分はまだ残っています。
修道院遠景.jpg

修道院近.jpg

 すぐそばの「アビー・グランジ・ホテル(Abbay Grange Hotel)」のレストランで昼食。「農夫にのランチ(Ploughman's lunch/プラウマンズ ランチ)」(パン、ハム、チーズ、サラダ、りんご、チャツネ、きゅうりや小玉ねぎのピクルスなどがワンプレートにお花畑のように盛り付けられます)と紅茶、@4.75(¥808)。
アベイグランジ.jpg

 13:30出発。「M54」を通って「テルフォード」の町を抜け東へ、「M6」に乗って南へ。「バーミンガム」の南でガソリン給油。21.66L×@£0.519(¥88.23/L)=£11.24。

 ヒースロー空港着17:30。満タン返しのため、また給油、£5.4 。現金不足のためVISAカードで£60キャッシング。先にIbis ホテルにチェックインして、荷物を部屋に入れ、AVISレンタカー返却に。
 
レンタカー精算書.jpg

 チェックアウト:5月29日1945~チェックイン6月7日19:00。借用期間1週間+2日。走行キロ:904マイル(1455キロ)。料金:£343.80(¥58,446)。

 19:30ホテルはすぐ裏で近いので歩いて帰る。部屋で米飯を炊く、京樽寿司の素でちらし寿司完成、梅干し。焼き海苔日本酒1合。

 検温すると私が38℃。解熱剤を飲んで37.4。妻の風邪が移ったか?旅の終わりで疲れが溜まり免疫力低下か?22:00就寝。

 この日終わり。

この記事へのコメント