【海外旅行】1993年5~6月ベネルクス・イギリス21日間の旅(15/17)

【第17日】1993年6月6日(日) 日出:4:51 日没:21:39。 レート:¥170/£(イギリス・ポンド)。

 8:30 朝食。今日は日曜日で、教会でミサがあると聞きましたが、信者でもないので、失礼。10:00 車で出発、今日は近郊巡りです。

 先ずここのお城を。城の向こう側で駐車(80ペンス)して、入場料:不明。
ビューマリス城.jpg

 「ビューマリス城(Beaumaris Castle)」は、イングランド王エドワード1世の北ウェールズの征服 (conquest) における軍事行動の一環として構築された。建設1295-1330年頃。

 城壁も形よく、堀の水もあり、白鳥と遊ぶファミリーがいたりして、良い雰囲気でした。

 ウィキペディアにあった「空中写真」。世界遺産。
Beaumaris_aerial.jpg

 その後少し街を散歩して、11:30 車で「コンウィ城( Conwy Castle)」へ、……23.5マイル(38キロ)東へ、12:00過ぎに城内に駐車。30ペンス(¥50)/2時間。
ウエールズ地.jpg

 この「コンウィ城」もエドワード1世のウェールズ征服の際、1283年から1289年のうちに建てられたものです。すぐそばが港町になっています。
コンウイ城.jpg

 場内では「武者行列」があったのか。兜や槍などをおいてやすんでいる人達が目立ちました。
休息.jpg

 昼食は、手持ちのオレンジとチョコレートで、車内で……

 「コンウィ吊り橋」は、世界最古の吊り橋の一つ。1826年完成。今は歩行車と自転車だけ。
吊橋.jpg

 ここから新しい道路橋を渡り東に、「スランディドノ(Llandudno)」に出ました。ここは海浜リゾート地で、ここのプロムナードは英国内のランクでトップ10に入っていると云うことです。
リゾート海岸.jpg

 道化の仮装をしたお嬢ちゃんに出会いました。今日は何かのお祭りなんでしょうね。「The Great Hip Walk」(リハビリ目的のウォーキングのようです)というキャンペーンをやっていて、チャリティ(献金)しました。50ペンス以上というので£1。

 ここから、今度は西に走り「カーナヴォン城( Caernarfon Castle)」へ。30マイル(48キロ)1時間。15:30。城外の港町とのあいだに駐車場。£1.5(¥255)。城入場料シニア@£2(¥340)。
カナーヴォン城.jpg

 このお城も「エドワード1世」の頃の1283年建設。ここは「プリンス・オブ・ウエールズ(ウエールズの皇太子)」叙任式が行われたころ。

 由来は:エドワード1世がウエールズを征服した際、王妃に王子をこの城で生むことを命じ、生まれた王子を将来ウェールズの王子として認めさせたということから、その後、イギリス皇太子は、プリンス・オブ・ウェールズの称号を持つことになりました。

 1911年7月13日、カーナヴォン城はプリンス・オブ・ウェールズ叙位式典の舞台となりました。この時のプリンス・オブ・ウェールズは、後のエドワード8世(エリザベス2世の祖父)。それまでのプリンス・オブ・ウェールズは、叙位証書一枚で任じられるものに過ぎず、過去に式典が行われたことはありませんでした。その後、1969年7月1日、王太子チャールズ(現国王チャールズ3世/エリザベス2世の息子)がカーナーヴォン城内で叙位式典を行った。ここで叙任式を行ったのはこの2人だけ。

 17:05……17マイル(27.4キロ)ホテルに戻る。17:35。休息と荷物整理(明朝チェックアウトのため)。

 19:30 ホテルのレストランで夕食。妻:メロン、ビーフ・ヒレ、イチゴ・ロマノフ(イチゴに生クリーム+卵黄+卵白+グラニュー糖をホイップしたモノがかかっている)、コーヒー。私:スモークサーモンとカニのサラダ、ポーク、バナナ・サンデー(パッフェのようなもの)、コーヒー。

 食後また荷物整理。就寝24:00 。

 この日終わり。

この記事へのコメント