【海外旅行】1995年ロン・パリ11日間プラスフィレンツェの旅(1/20)

 これは「パソコン通信」PC-VANのSIG「日本トラベルクラブ」の仲間「新・若旦那」「オリオン」「ろまねこ」3夫婦で駆け巡った、楽しい思い出です。構成員は「新・若旦那」(48歳)「YUKICO」「オリオン」(47歳)「シリウス」「ろまねこ」(67歳)「マダム・とみちゃん」の6名。

 旅行などというものは20歳以上年が離れていても、何とか一緒に楽しめるものです。時には年代差を感じることがありますが、マ、それも味なもの。

 「5夫婦」での大旅行「ドイツ温泉オフ」は1993年のことでした。参照)このブログ2017年11月23日【海外旅行】1993年ドイツ温泉OFF・本編(1/21)

 1995年という年は、1月に「阪神・淡路大震災」3月に「地下鉄サリン事件」があった年。5月に「テレサ・テン死去」。

 旅は季候の良い秋、9月下旬から10月初旬。ロンパリは3夫婦。フィレンツェは「ろまねこ」夫婦のみ。
ロンパリフィ地図.jpg

 実は「新・若旦那」が「オリオン」夫妻を誘って計画していた旅行に、「ろまねこ」夫婦が割り込ませて貰ったという経緯があり、ロンドン、パリのホテルやロンドンのミュージカルの切符、列車ユーロスターの手配などは「新・若旦那」によるものです。

 注)この旅行は「新・若旦那」や「オリオン」さんの「PC-VAN」>「日本トラベルクラブ」>「世界の旅」に数多くのレポート・ログが残っていましたのでこれをフンダンに、掲載していきたいと思います。……早速
--------------------------------
【旅のあらまし】新・若旦那のログより……

 今回の旅は、95年9月22日~10月2日までの11日間。

 23日朝にロンドン着。車で、ストーンヘッジ、バースと見てカースル・クームと言う田舎町の元農園領主の屋敷、マナーハウスに一泊。緑に囲まれた昔のたたずまいいを楽しむ。

 24日にロンドンに戻り、宿はサボイ・コート。ハイドパークの右上のちょうど角、マーブル・アーチにあり、どこに行くにもバスの便がよかった。たとえば、ピカデリーサーカスまでなら、バスナンバー6、12、13、15など、何本も線がある。

 27日の朝、ユーロスターでパリまで2時間半。宿はルーブル美術館の真裏。ルーブル・ティモテルはモーテル形式でシャワーだけというのが難だけど、清潔だし、オペラもレ・アールも歩いて行ける場所。ここに4泊。

 ご一緒したのは、われわれ夫婦に、オリオン夫婦、ろまねこ夫婦の3組6人。乗り物とホテルの予約はHIS。ロンドンのニュージカルの予約はUAのチケット・オフィス。

以下、旅のハイライトと、おいしいものを中心に順不同で書いていきます。

旅のハイライト・ロンシャン競馬場で競馬を楽しむ
       ・パリ・ディズニーランド
       ・ロンドンでミュージカル観賞
       ・キャッスル・クームでの1泊
       ・ギュスターブ・モロー美術館と改装なったルーブル美術館
       ・レ・アールにあるMORAで鍋の買物
おしいかったものベスト6
       ・パリ/オウ・ピエ・ドゥ・コションの豚足
       ・イギリス/マナーハウスのスコーンとイングリッシュ・ブレックファスト
       ・パリ/チェーン店レオンのバケツ一杯のムール貝
       ・パリ/街角の甘栗
       ・パリ/街角のブラッスリーのオニオングラタン
       ・パリ/モンマルトル寺院の近くの焼サンドイッチ

 パリのカレーもうまかった。同じくベトナム料理もうまかった。やはり、うまいものはパリになっちまうな(^_^;)

 思い出すと、ほんとうに盛りだくさんの楽しい旅でした。
-------------------------------- 
【イントロ……】オリオンのログより……

  今年の6月頃だっただろうか,オフで新・若旦那に合った時「今度ロンドンとパリに行く計画中なんだ」と言う。「いいなー」って言ったら,「オリオンも一緒に行こうか!」「うん,いいよ」って応えて決まってしまった。

 天から突然降ってきたような企画なのだ。「行ける時に無理してでも行く」「誘われた時が一つのきっかけ,チャンス」と思っているのだ。前回の「ドイツオフ」の時は,話題が出てから出発まで2年近くあったので,休暇の根回しも充分だったが,今回はその時間はない。「黙って休暇をとっちゃい」と10日間トンずらすることにした。

 新・若旦那の気楽な旅の手を煩わしちゃ申し訳ないが,こちらは兎に角何も分からない。手続きも含めて,「ホテルのチェックイン」までと「チェックアウト」後の面倒をお願をお願いする事にして計画を進める。

 「ロンドンでミュージカルを」と言う企画に,ろまねこさん御夫婦も同行することになった。時々「ウッカリ」をする新・若旦那,ろまねこさんが同行するなら安心と,最初は「全て貴方任せよ」と新・若旦那に甘えていたのに,思わず「ホッ」としたりして(*^_^*)。

 「貴方はイギリスについて何を知っていますか?」って質問されたら箇条書にしても数行くらいの知識しかないボク,旅行ブックを2冊買ったり百科事典を引っ繰り返したり・・・。が,「えー,面倒だ,行ってみれば分かることさ!」と早々に挫折してしまった。さて出発だぞ!
---------------引用終わり----------------- 

この記事へのコメント