【健康と医療】「ビーナスクラブ高鷲」での口腔訓練(2022/3〜4)

 「ビーナスクラブ高鷲」では「口腔機能訓練(マウササイズ)」というプログラムを「準備体操」のあと10〜15分ぐらい行います。テーマは月替わりで1月と2月の分は【健康と医療】「ビーナスクラブ高鷲」での口腔訓練(2022/1〜2)で紹介しました。今回は3月4月分です。これが「ビーナスクラブ」から貰っている今年のカレンダーとリンクしているのです。

 3月のプログラムです。
2203マウササイズ.jpg

 上の図のQRコードを読み取ると「説明動画」が見られます。以下「動画」の説明を文章にしました。(姪に聞き取りして貰った)
 注)コピーが不味かったようで、QRコードが読み取れないようです。https://www.venus-comrade.co.jp/calendarmovie202203/をクリックしてください。動画ではヴィーナスのスタッフの方が実演しているのが見れます。

●舌の運動:
 歯や頬の内側に残った食べ物を舌で取り除くことが出来るなど、舌の動きが良くなるという効果があります。
 (1)では、姿勢を正して舌先を鼻に向けて突き出すように持ち上げていきます。
 (2)続いてアゴ先に向かってゆっくりと突き出していきましょう。
 (3)今度は口角に向かってゆっくりと突き出していきます。
 (4)反対側の口角に向かってゆっくりと突き出していきます。
 出来るだけ左右の差をなくすような意識を持ちながら行っていきます。また、自然な呼吸を繰り返しながら続けて10回ずつ行ってみましょう。

●ブクブク空うがい:
 ブクブク空うがいを行うことで口唇頬の筋力を強化し、うがいの際の洗浄力を高めるという効果があります。
 (1)姿勢を正して、お口に軽く空気を貯めます。
 (2)口唇をしっかり閉じて正面の歯に空気をぶつけたりゆるめたりを、出来るだけ早く10回行っていきましょう。
 このように続けて3セット行っていきます。
 
 4月のプログラムです。
2204マウササイズ.jpg

 注)コピーが不味かったようで、QRコードが読み取れないようです。https://www.venus-comrade.co.jp/calendarmovie202204/をクリックしてください。
●唇の運動:
 唇の運動を行っていきます。食べ物の取込みやそしゃく時の食べこぼしを改善します。
 (1)姿勢を正して唇を真ん中に寄せて「うー」。
 (2)今度は横に大きく伸ばして「いー」。
お口周りの筋肉をしっかりと動かしていきます。また、声を出すことよりも、口を動かすことを意識していきましょう。

 それでは、「うー」「いー」とこのように行います。「うー」「いー」「うー」「いー」「うー」「いー」……続けて10回ずつ行っていきましょう。

●構音(こうおん)運動:
 構音運動を行っていきます。「クク」「ケケ」「ココ」「クケコ」は液体を飲み込む前にのど(気管)に流れ込むことを防ぐ効果があります。舌の奥に意識をして発声する運動です。それぞれの音を発声する場所に意識を高めて丁寧に発声していきます。

 姿勢を正して、「クク」「ケケ」「ココ」「クケコ」。ゆっくりと「クク」「ケケ」「ココ」「クケコ」。このようにゆっくりと行ったり、スピードを速めて行ったりと、続けて10回程度行っていきましょう。

 注)「ビーナスクラブ高鷲」では、この後、挿絵の「文句」をはじめゆっくり、あとはスピード上げて、5回ぐらい繰り返しました。
2204構音運動.jpg


 参考)顔の「表情筋」:
顔の筋肉.jpg

 参考)口腔から食道までの側面図
口腔断面図.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック